トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > ご案内 > 2013ジュニアスポーツアジア交流大会

2013ジュニアスポーツアジア交流大会

 

うさぎ.jpgクルージング.jpgスタップ藤田.jpgダブルス.jpgチーム岩手.jpg円陣.jpg記念撮影.jpg佐藤翔治.jpg最後.jpg集合写真.jpg女子.jpg団体戦.jpg藤井瑞希.jpg閉会式.jpg余興.jpg

8/30()9/1()2013ジュニアスポーツアジア交流大会が東京都駒沢オリンピック公園内で開催されました。公式HPです。今回の結果等も載ってます。http://jsa2013.jp/

 

参加アジア16都市 :バンコク/デリー/ハノイ/ジャカルタ/クアラルンプール/マニラ/ソウル/シンガポール/台北/ウランバートル/ヤンゴン/宮城/福島/茨城/東京/岩手
駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館(8 面コートマット使用)
男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの団体戦による予選リーグ戦および順位決定トーナメント戦を実施 。
 
岩手県からは男子は赤崎中野田瑞貴、飯豊中田村汰稀、軽石直人、女子は湯口中藤井愛、矢沢中長岡朱里、衣川中松吉奏海の6人が参加しました。岩手県チーム総監督は和賀西中の菊地琢磨先生、男子監督は花北清雲高校の菊地亨先生、女子監督は前沢高校の渡邉清一先生です。IWATEの看板を背負った戦士?たちは、8/29に岩手を出発して宿泊先の東京プリンスホテルについて直ぐに練習!!ではなく都内観光と東京湾を豪華客船?でのクルージングと30日からの試合を前に体も気分も十分にリフレッシュしたみたいです。
31(土)には岩手県チームの応援団が東京に集結!飯豊中男子コーチの新田夫妻、田村家6名、軽石のお母さん、野田のお父さん、愛のお母さん、朱里のお父さん、お母さん、奏海のお父さん、お母さんの計14名が岩手から応援に来てくれました。(会場で一番の大応援団だったのではないでしょうか!)岩手県から駆け付けた応援の人数に、東京チームの父兄さんからも「地元東京の保護者より応援が多ですね!」とびっくりされました(笑)「子供がバドやっている姿見るのが好きなだけの親バカの集まりです!」と答えておきました・・・
ただ応援がまだまだ足りなかったのか(笑)結果は18チーム中14位・・・(でも去年から2つ順位上がりました!)
 
海外の選手は去年も感じたのですが男女共に力強いスマッシュ攻撃で相手のレシーブが崩して確実にポイント奪うという流れでした。男子は海外の選手の早いスピードに対し準備が少し遅かったのが気になりました。チームIWATEは男女共に大事な場面でのミスから流れが変わって負け・・・という感じがしました。あとファイナルで最後落とす試合が多かったような・・・
選手の皆さんは一つ上のレベルで勝つ為には何を強化しなくてはいけないかをもう一度考えて、練習をサボらず、残りの中学校生活を大事に過ごして、岩手国体強化練習会でも言われてる、「高校1年生でインターハイ出場を目指す」に向けて頑張って下さいね。でもその前に・・・ちゃんと高校入れるのか??(笑)
 
回週末には大会アンバサダーとして2012ロンドンオリンピックダブルスで銀メダリストの藤井瑞希さん、何度か岩手にも来て頂いている2012ロンドンオリンピック日本代表佐藤翔治さんのサイン会等もあり、かみさんは佐藤選手とツーショット写真を撮って頂き、岩手に帰るまでテンションが高かったです。子供たちも最終日にはホテルでの交流会で、文化の違う海外選手達との交流を沢山深めたみたいですね。「英語話せなくても何とかなった!」と子供たちが話してました(笑)また去年に引き続き今年もチームIWATEを4日間サポート頂いたスタッフの藤田さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました!去年から少しは成長した子供たちを見て頂けたかと思います(笑)。今度は岩手に是非遊びに来て下さい。今回お世話になった子供達に岩手県の観光サポートさせますので!
写真データが欲しい時はメールで連絡くださいね!atsushi105@snow.plala.or.jp

 

  • 掲示板
  • 飯豊BCの掲示板はこちら