トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > ご案内 > 指導指針

指導指針

団綱領

1.  スポーツを通して、健全なる精神と身体の育成を図る。

2.  競技を通して、ルール、マナーの重要性を教え、社会的ルール、マナーを守ることを身につける

3.  ひとつの目標に向かって、団結し、協力、協調融和の精神を身につける。

指導要綱

1.    バドミントンは個人競技ですが、当団では、チームワークを重視します。

2.    基本的なモラルを身に付けます。

3.    競技スポーツを目的に練習します。

4.    練習はきつく、試合は楽しくをモットーとしています。

5.    文武両道が基本です。

指導基盤 

当少年団では、礼儀、マナー、ルールを重視しています。公共の施設を利用し、コーチ、地域、学校といろいろな人たちの協力があって練習ができていること、大会が行われていることを理解してもらいます。スポーツ選手として大会に参加することは、チームの代表として参加することであって「強ければ大会に出ることができる」ものではありません。「チームの代表として資質のある選手」が大会に出場することを教えます。「ルール、マナーなくしてスポーツは成り立たない。」が私のモットーです。

基本的なルールである、脱いだ靴はそろえる、付けた電気は消す、開けた戸は閉める、使ったものは片づける、借りていないものは使用しない、使用した施設は綺麗にして返す、挨拶は大きい声でする、お願いします、ありがとうございましたの気持ちを忘れない、決められたことは守る等、当たり前のことができなくてスポーツ選手としてのルール、競技ルールを守ることはできません。強くなればなるほど規則が厳しくなります。世界のトップ選手になると、自分の所在を明らかにし定期的な連絡をしなければいけません。スポ少を休むのに連絡もできない子ができるでしょうか。食事、給水も、試合時間、コンディショニング等、ジュニアから「自分で自分に責任を持つ」習慣を身に付けさせます。

健全な精神の下に行われた試合は、勝ち負け以上に感動を生みます。これは努力したものにだけ与えられる栄光です。子供たちにはたくさんの感動とドラマがあります。

 

  • 掲示板
  • 飯豊BCの掲示板はこちら